株式会社イマナガ » 産廃用語集 » 燃料電池

産廃用語集:燃料電池

電池という名前から、いわゆる乾電池を想像しがちだが、わかりやすく言うと「発電装置」のひとつです。乾電池とは異なり、使い捨てではありません。水(H2O)に電気を通すと、水素(H2)と酸素(O2)が発生します。これが水の電気分解です。その原理とは逆に、水素(H2)と酸素(O2)を化学反応させて、電気を作り出すのが「燃料電池」です。環境特性にも優れ、大気汚染の原因となる窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)を排出しません。