株式会社イマナガ » 会社概要 » 経営理念

経営理念

ごあいさつ

株式会社イマナガ 代表今永進二

弊社は、九州の入口である北九州市門司区新門司に位置し、目の前に広がる周防灘は瀬戸内海にある灘の中で最も範囲が広く、周りを海と山に囲まれた自然あふれる新門司工業団地にて、1982年より産業廃棄物処理業者として事業を致しております。新門司港は北九州市の物流拠点としての機能を担い、周辺には高速道路や幹線道路も整備されています。
また、当該地区は周防灘を行き交う船舶や北九州空港の雄大な景観を楽しめる場所であり、市民に親しまれる水際線づくりの一環として、多くの市民が海に親しむことができ、かつ、地区の企業就業者の休息の場となる緑地の整備も合わせて行われています。

このような自然を大切にし、環境にやさしい企業として、2001年にISO14001環境マネジメントシステムを構築し、活動・製品及びサービスによって生じる環境への影響を持続的に改善していく環境管理活動に取り組んでいます。
2004年には容器包装リサイクル事業を開始し、2012年には北九州市が構築を図る、先駆的な取り組みであるエコタウン事業にも参加し、エコタウン立地企業としてリサイクル事業に取り組んでいます。
今後とも地域の方々と共に、北九州市が目指す「アジアを代表する環境未来都市」として低炭素社会、自然共生社会への貢献を目指し、人を大切にする企業として歩んでいきたいと考えております。


株式会社イマナガ
取締役会長 今永 進二


再資源化100%を目指して

いかなる廃棄物も資源として再利用できる」を理念に、日々邁進しています。

収集運搬から中間処理まで一貫したシステムにより、再資源化100%を目指します。


  1. 「いかなる廃棄物も再利用できる」を理念に廃棄物の適切処理を堅実に行うことを基とし、再資源化100%を目指し、循環型社会づくりに貢献できる事業活動を行っています。
  2. 廃棄物は、弊社の事業において再資源の為の商品であり、運搬(収集運搬)、保管、加工(中間処理)、納品(再資源先)のサイクルにより、商品を取り扱うという一般的な製造業等と同じ理念により事業活動を行っています。
  3. 廃棄物が再資源のサイクルが出来る為の適切な利益を確保し、健全な経営を行っています。
  4. 各関連法規則及びその他の要求事項を厳守しています。
  5. ISO4001環境マネジメントシステムにより、組織の体制造り及び環境保全活動に努めています。
  6. 再資源先の開拓、研究に努め、既存契約先には、商品(廃棄物)の品質及び数量の安定性あるいは、代理業務を行うなど信頼関係に基づいた事業を行っています。
  7. 北九州市行政関連の環境研修、視察などのモデル事業所という事で、国際技術協力会韓国中小企業研修(年1回)や、中国大連企業研修、地域の小中学校等、来訪され対応を行っています。
    当然、排出事業者の現地視察及び再資源先等の確認などの対応も行っています。